Entries

真偽命題

桜は問う「人が人を裁けると思うか?」
僕は「思う」と答える。
僕は、死刑是非の問題が湧き起こる度に持ち出される
「人が人を裁いて良いのか?」という主張が嫌いだった。
何人殺しても死ななくても良いという法律は間抜けだ。

「お前は肉を食うか?」
「豚や牛、鶏に馬も食べる」
「犬は?」
「食べない。猫も食べない」
「魚は?」
「食べる」

「食べるものと食べないものは、どこで線が引かれる?」
人殺しを「島の法律」として許された男、桜の問いは続く。
僕は考える・・・。そうか、ペットは食べない。
「友人であるかどうか」
「犬でも猫でも金魚でも、自分の友人になったものは食べられない」

「どうして友人である動物と友人でない動物が存在する?
人間にだっているはずだ。友人と友人でないものと。
友人以外の人間は食うのか?」
分からない。人が動物を食って生きているのは当たり前の
逃れようのない事実なのだが、
改めて考えるとわけが分からなかった・・・。

「動物を食らって生きている。樹の皮を削って生きている。
何十、何百の犠牲の上に一人の人間が生きている。
それでだ、そうまでして生きる価値のある人間は何人だ?」
僕は黙っている。
「ジャングルを這う蟻よりも価値のある人間は何人だ?」
「分からない」

「ゼロだ」

IMG_2476.jpg
「オーデュボンの祈り」(伊坂 幸太郎)読了。
りぼんねこさんhttp://ribonneko.blog52.fc2.com/
お勧めの一冊は、
見事に融合したファンタジーとミステリーと相俟って、
洒落た文章も結構好きなタイプ。
読了感も「ざまーみろ」って感じのスッキリだしね(笑)
そして何より、今では懐かしささえ覚える程の遠い昔に、
悩んでいた頃の自分を垣間見せてくれた。
りぼんねこさん、ありがとう。

「一人の人間が生きていくのに、いったい何匹の、
何頭の動物が死ぬんだ」
桜の声は僕に答えを聞きたがっているようには聞こえなかった。
「考えた事もなかった」
これからは考えろと、そこだけ命令するように桜は言った。

そんな桜の言葉に思いを馳せる、始業前のコーヒータイム。
僕達は蟻よりも価値のないものかも知れない。
だけど、考えるべき事は沢山ある。




(追伸)
釣研さんより、テストサンプル品「ライブクール」が届いた。
IMG_2466.jpg
生かしバッカンに保冷機能をプラス。40㌢バッカン収納可能。
スカリの使えないテトラとか磯とか、結構活躍しそうな感じ。
く、苦しいー。
不治の病「潮風浴びないと死んでしまう病」の発作がー・・・
釣りに行きたくなっちゃったよ(笑)

時折、気まぐれに小難しい事も書くけれど、
所詮私は、単細胞でHな釣りキチおやじ。
あんまり真に受けて、信じちゃだめだからねー(爆)











32件のコメント

[C6143] 哲学的ですね~

人間に限らず、生物が生きていることに
意味や意義や価値があるでしょうか?
生命は、生命をつなぐためにのみ存在すると思うのだけど、
じゃあ、その生命そのものにどんだけ価値があるんでしょう?
星の側から見れば、ないのじゃないかしら?
この世に命が存在してることは、もの凄い奇跡だと思うけど、
奇跡だからといって、価値があるとは限らない。
だから、極論だと知りつつ、
生命が存在することに価値は無いと私は言います。
(子どもにゃ~言えんが!!)

自分の存在価値を見つけようとするのが人間だけど
そんなもの最初からありはしないんじゃないかな。
それなのにあがくから、苦しくなるのに。
つまりは、私が今ここにいることの意味も無い。
言い切るのも、なんだけど。^^;
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 各務 史
  • URL
  • 編集

[C6144]

うーん、なかなか答えの出ない(出せない)事を考えるのがとっても苦手な私です。

ある一面だけ見れば、その通りなのだけれど別の方向から見ると間違っているような気もする・・・。
生きているとそういう風にはっきり答えが出せないことがいっぱいありますよねー。

考えていると、自分が悪者のように思えたりさ(笑)

でもやっぱり生きていきたいですよね。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : リョウリン
  • URL
  • 編集

[C6145]

『読書尚友(どくしょしょうゆう)』ってとこですか(笑)
読書によって昔の賢人を友とする・・・。
釣志さんらしいです(笑)

自然界は弱肉強食で成り立っているけれど
色々考えると人間のしてることは矛盾が多いかもしれない。
生きるためには仕方ないことと割り切ってみたら
宗教的なことも然り、
例えば動物保護団体の人たちに対して
何を食って生きてるの?と、反問したい思いもあり。
人間だって動物なのだから
本能の赴くままに生きればいいんですよねー。
・・・私ってお気楽だなー(苦笑)



  • 2007-06-13
  • 投稿者 : ぼけ子
  • URL
  • 編集

[C6147] booshino

も読みましたよ^^オーデュポン!!
伊坂ワールドにはやられっぱなしです^^:
何回読んでも面白いし、ありそうでなさそうで
でも、こういう奴いるんだよって感じとか!?

釣志さんが抜粋してた桜の言葉ーbooshinoも
気に入ってるところなんです。

なんかいろいろコメントしたかったのですが
釣志さんと心が通じ合った気がして
胸が一杯です(≧▽≦)b
(釣志奥さま・・深い意味ではございません・・・)
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : booshino
  • URL
  • 編集

[C6148]

いつも、訪問コメありがとうです。
悪ガキ天国にリンク張らせていただきました♪
これからもヨロシクです♪
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : こうちん
  • URL
  • 編集

[C6149] ふみさん、ありがとう

ハハハ、確かに。
子供には絶対言えませんよねー。

意味がないのなら、私のためにいて下さい。
なーんて(笑)
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6150] リョウリンさん、ありがとう

ほんとそうですよね。
分からない事、答えが出ない事ばかりです。
それでも、生きていたいし、
生きていきますとも♪

フフフ、リョウリンさんが悪人なら、
私は極悪人ですよー(自爆)
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6151] こんにちは!

私もコレ読みました!
出だし「なんだこりゃ?」と思いましたが、読みすすめていくうちにこの不思議な世界にはまっている自分がいました!
伊坂ワールドははまると面白い!
「陽気なギャング…」も面白い!
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : sinshun
  • URL
  • 編集

[C6152] ぼけ子さん、ありがとう

読書尚友・・・久し振りに聞きました。
良い言葉ですよね。

捕鯨反対諸外国の非難に腹を立てるくせに、
犬を食べる国の人達を白眼視してみたり、
私もわけのわからない人間です(苦笑)

本能の赴くまま・・・か。
しかし、ぼけ子さんが言うと沁みる言葉なのに、
私が言うとHに聞こえるのはなぜでしょうねー(自爆)

  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6153] booshinoさん、ありがとう

チエッ、深い意味があってほしかった(爆)

と、心の叫びはさて置き「こういう奴」って
結構いるんですよねー。ガッコウノフケイトカニモ・・・
困ったものです(苦笑)
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6154] こうちんさん、ありがとう

リンク貼って頂いて、ありがとうございます。
こちらにもリンク貼っておきますね。
こちらこそ、よろしくです♪

私、なかなか自分からは
リンク貼って下さいとは言い出せず・・・
リンクのお誘いは、非常に嬉しいのです♪
こう見えて私、内気なんだもーん(爆)
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6155] sinshunさん、ありがとう

昔の映画にあったような、
独特の世界観がありますよね。
こ洒落た感じもたまらないし(笑)

ちょっとだけ、たるい感は否定出来ませんが、
デビュー作ですし、きっと「陽気な・・・」「重力・・・」
「アヒル・・・」とかはもっと洗練されているんでしょうねー。
またの機会に読んでみたいと思います。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6156]

死・・・ですかぁ・・・

そういえば、日本の法律には人を殺しちゃダメってものはないって
内容も書かれた、「痛快!法律学」という
北斗の拳の絵が使われてる本がありました

それによると、殺人罪とかの罪にはなるけど、禁止はされてない
なぜなら、日本人は医師による死亡診断でしか死ねないので
その診断した人が殺した事になっちゃうから
殺しちゃダメって法律に書けないようなのです

でも、こんな事を子供とかに突っ込まれたら
なんて説明したらいいんでしょう? (。-д-。)ゞウーン
とりあえず、ブッダでも読み返そうかニャ (つω`*)テヘ
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : かぎしっぽ
  • URL
  • 編集

[C6157] (。・ω・)ノ゙

私は
人が人を裁く事はできないと思う
国やその時の世相でころころと変わる刑法に
なんの意味があるのだろうか
しかし因果応報の法則に乗っ取って、自分の罪は巡る
何を食べて生きたかではなく、どう生きたが重要なのだと
私は思う この本の趣旨とは違うと思うが…

な~んてねっ   ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

  • 2007-06-13
  • 投稿者 : きょんた
  • URL
  • 編集

[C6158]

生きる意味…最近よく考えることです。
日に日に痴呆の進んでいく祖父を見ていると、
今まで何の為に生きてきたの?って思います。
でも祖父がいなかったら、今の私も子ども達もいなかったわけで…
今の私の幸せは祖父がくれたものでもあるんですよね。
なんか複雑な心境です。

ところで私、お顔の付いた魚を食べるの苦手なんですよー
お魚と目が合ってしまうでしょ?
魚は切り身に限ります♪
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : ありゆママ
  • URL
  • 編集

[C6159] かぎしっぽさん、ありがとう

へー、そう何ですねー(知りませんでした)
確かに、説明に困りそうです。

でも、昔のお母さん達は偉かったんですね。
難しい理屈とかは知らなくても、
身をもって分かっていて、
ちゃんと子供達に教えてたんですからねー。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6160] きょんたさん、ありがとう

ママになるきょんたさんらしく、母性愛
溢れるコメントですね。
因果応報もあると思います。
善も悪も巡り返ると、私も信じています。

ただ、愛する我が子や妻を虫けらのごとく
踏み潰されたとしたら・・・
私は必ず鉄槌を下すでしょう。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6161] ありゆママさん、ありがとう

毎日、頑張っておられるんですね。
ご苦労様です。

私達は、生き物を殺し、それを食べて生かされています。
そして、それを忘れるシステムの上で私達は
生きています。
私達には、考えるべき事がほんと沢山ありますよねー。
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6162]

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!
本の題を間違えていました

「痛快!法律学」ではなく
「痛快!憲法学」 小室 直樹著でした
訂正してお詫びさせていただきます ( 〃..)ノ ハンセイ

あと、あらすじをみつけました
釣志しゃんへのお詫びにもならないかもしれませんが・・・ (;^_^A アセアセ・・・
また、このあらすじにはσ(=^‥^=)が挙げた
殺人については触れてないのですが・・・ ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
http://www6.plala.or.jp/Djehuti/214.htm
  • 2007-06-13
  • 投稿者 : かぎしっぽ
  • URL
  • 編集

[C6163] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-06-13
  • 投稿者 :
  • 編集

[C6164]

釣志さんってスゴイ!何がって、自分の考えをビシッと書けるところが…。
あたしは、なかなか本音が書けないでいるのです。
なんのためのブログだって感じですよ…。
死刑問題はさておき、人間の存在ってのは、あたしもよく考えるのです。
地球の生物の中で、人間の存在って明らかにおかしいですよ。
食物連鎖にも当てはまらないし、宗教や、芸術や、文学など、動物が生きていく上では何の腹の足しにもならんことに一生懸命だし…。
戦争起こして、自分たちで死んでいくし…。
出来ることなら、神様(っているのか分からんが…)の喉元にナイフ突きつけて、
「何の気まぐれで、こんな変なもん作ったんだ?」
と聞いてみたい気がします。

[C6165] ありがとうございます

<まずはお礼から「文内リンク、ありがとうございます。」
私は無類の動物好きですので
桜の台詞、かなり好きです。
井坂文学は彼の哲学を、好きになれるかどうか?も
重要な位置を占めるのでしょうね。
戦争や飢餓で、自分や他の国の人が、苦しむのは嫌なので、
ホルモンのバランスや、気候の変化で、子供が生まれなくなって「静かな人間の滅び」が
やってくるとイイ、なんて考えたりもします。
チョット危ない人ですね、コレ(;^_^A
井坂作品、タルイなぁ、と思われたなら、同じように軽妙な文章で、もう少しハードでテンポのある「舞城王太郎作品」は
いかがでしょうか?
「煙か土か食い物」もう読まれていますでしょうか?
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : りぼんねこ
  • URL
  • 編集

[C6166] うーん。朝から、とっても良い意味で深く考える。

釣志(ちょうじ) さんへ

うーん。これまた、すごい深いテーマだ。。。
そうかあ。大切な動物の命の上に私達は、成り立っているんだなぁ。

そう思ったら、一日、一日を大切に生きないと!
冷蔵庫の食材も、大切に使いきらないと!と。。。しっかと!自分に言い聞かせる。

>「食べるものと食べないものは、どこで線が引かれる?」
>「犬でも猫でも金魚でも、自分の友人になったものは食べられない」


ほんとそうですよね。すごい!この言葉。。。
そうだよなー。大切な家族になったり、友達になったら食べられないもんなー。(^^ゞこの本を一度読んでみたくなりました!

いのちって本当に大切なんだな。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : みっちぃ
  • URL
  • 編集

[C6167] かぎしっぽさん、ありがとう

わざわざ、すいません。
ほんと、かぎしっぽさんは、実直な方ですね。
ありがとーん♪
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6168] 匿名さん、ありがとう

確かに、この世に生を受けた者の使命とは
「命を繋ぐリレー」なのかも知れません。

良くも悪くも、恋は人を成長させますね・・・。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6169] まぁさん、ありがとう

いえ、私は全然すごくなんかないですよ。
すごーくHではありますが(爆)

本音の書けないブログ・・・
ちょっとだけ寂しくて、耳に痛いお話しです。
私も、どの位本音出せてるかは、甚だ疑問です(苦笑)

喉もとにナイフ・・・って、怖っ(笑)
でも、聞いてみたくはありますね。
出来れば女神様の耳元に・・・(爆)

  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6170] りぼんねこさん、ありがとう

私は普通の動物好きですが、「桜」好きですよ(笑)
静かな滅び・・・うーん、ちょっと怖いですね(汗)

巷で話題の・・・ですね。
私、ひねくれ者なので話題作とか
読みたいのに、敬遠するみたいな癖がありまして(苦笑)
読み待ちの本も三十冊位たまってますし・・・
まあ、そのうちに。

(追伸)
今更ですが、リンク貼らせてもらって宜しいでしょうか?

  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6171] みっちぃさん、ありがとう

ほんと、深いテーマですよね。
きっと、考えても考えても、答えは出ません。
でも、考え続ける必要があります。

必要以上に深刻になる必要もありませんが、
みっちぃさんも仰ってるように、冷蔵庫の・・・とか
頭の片隅に置いて、日々を暮らせたらいいかなーと
私も思います。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6172]

釣志さん
手前味噌ですが、ちょっとだけ関連するような記事をウチで書いてます。よろしければごらんください。
でも俺は、人間が生きている価値は間違いなくあると思っています。いや、そう思いたいですよね。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : マイト
  • URL
  • 編集

[C6173] マイトさん、ありがとう

時々、子供の視点にはドキッとさせられますね。
ウームと、呻ってしまいました。

私も価値はあると思っています。

誰かのために私がいて、私のためにも誰かいて。
自分のためではなく、別の誰かのためになら、
生きている価値が見つけられるかも知れませんね。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

[C6180] 初めまして

訪問者のリンクから来ました。

すごい面白そうな本ですね。早速本屋に行きます。

これからもよろしくお願いします。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : Waterdroplet
  • URL
  • 編集

[C6182] Waterdropletさん、ありがとう

はじめまして。
コメントありがとうございます。

英語苦手な私ですが
(もっとも日本語も得意ではありませんけど 苦笑)
後程、お邪魔させて頂きますね。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : 釣志(ちょうじ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://2and4.blog62.fc2.com/tb.php/518-06059315
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Extra

プロフィール

釣志(ちょうじ)

Author:釣志(ちょうじ)
九州・福岡の田舎在住。
釣りと家族をこよなく愛し、
ちょいワルオヤジに憧れる
ちょい不良品オヤジです。
コメント頂けると、年甲斐も無く
子犬の様に喜びます(笑)

最近の記事

カレンダー(月別件数付き)